スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女たちのsign。Re:【amu + sm5818448 + メイ】






帰還について。







SMILEVIDEOの鯖からnicoplayerを通して動画を視聴することは、
ローカル保存した動画をGOMplayerか何かで再生することとは
全く別の、異なった価値を帯びる。
コメントが流れるからとかタグで遊べるからとかそういう理由ではなくもっと根源的に、
「ニコニコ動画は彼女たちのステージだから」というのが多分その理由だ。

ローカルに保存された動画、あるいはveohやzoomeの削除を免れた動画は
ニコの動画に比べてどうしても記録映像めいたイメージがまとわりつく。
すでにライヴの時間軸から切り離された存在として映るということだ。

ニコでMADPVを見るとき僕は彼女達が「ここにいる」と思う。
それ以外の場所では僕は彼女達が「そこにいた」と思う。
そんな峻別がある。

さて、この動画はニコニコ動画というステージから一度姿を消した。
惜しまれつつ、やむにやまれぬ決断を以って、作者自らが幕を下ろした。
削除までに猶予があったので、ローカルに保存した人も多かったはずだ。
それでも、この動画はもう2度とステージの上には戻らない。
僕はこのときになってようやくニコニコ動画に在り続ける事の尊さに気付いたものだ。

そして、2009年5月22日。亜美と真美の誕生日に、「sign」は帰ってきた。
タイトルには Re: が付けられていた。
音源を作った両名のこともタイトルに含め、メイPと並んで書かれた。
もちろんそのままの形で帰ってくることはない。
一度音源を切り捨てる犠牲と、それを補填する多大なる努力の2つを
この帰還は背中に抱えていた。
またステージの上にあがるために。

本っ当に失礼なことを言えば、
たとえどれだけクオリティの高い打ち込み音源を作ったとて、
たとえどれだけ心の篭った歌を絶大なる歌唱力に載せたとて、
Mr.Childrenという日本のポップ/ロックシーンの巨人が
何週間も何ヶ月もそれだけのことを考えて望んだであろうレコーディングに
到達できるはずがないと僕は考えている。
これは別に今回の音源への感想ではなくて、単なる前提だ。

「復元」をテーマに考えるのなら、クオリティの劣化と評されても当然かも知れない。
でもそうじゃないんだ。
この動画が再び新たにニコニコ動画のステージの上に登った意味はそうじゃない。
だってここに帰ってきたんだ。

つぎはぎに見えるかもしれなかろうが、
またsm番号を与えられてnicoplayerの内側に帰ってきたんだ。
そしてみんながまたこの動画を見ているんだ。同じ場所で。
僕にはそれが嬉しくてたまらない。
帰ってきたことも、帰ってくるために多大な努力をしてきたことも、嬉しくてたまらない。

ニコマスの記念碑がまたひとつ増えた日だ。

関わった全ての人たちに、ありがとう。








                              (amu氏、sm5818448の作者様、メイP)










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

またみんなで亜美と真美のsignを楽しむことが出来るってだけでもうこみあげてくる汁を抑えることができません

No title

コメントありがとうございます。
穴という穴から汁を垂れ流しながらいっしょに視聴しようぜ!

No title

何度も見てやっと帰ってきたって事の意味がわかりました。
この奇跡は間違いなく人の手によってもたらされたものですよね。
作品もそうですが、それを見て喜んでるたくさんの人を見て
その素晴らしさがわかります。
戻ってきてくれて本当に嬉しい。

No title

コメントありがとうございます!
動画の良さ自体は別に削除されようが変わらないものだけれど、
彼女たちがアイドルで、人目に触れるために頑張っている以上
ニコニコ動画って場所は思うよりずっと重要な場所なんだと思います。
こういう形を望んだ人がいて、それを実現させた人がいて、
それは本当に喜ばしいことなんだと強く思いました。
プロフィール

マスヲホールド

Author:マスヲホールド
新しく彼女たちと道を歩む婿固め<マスヲホールド>です。
どうか止まらずに進めたらいいな。


画像はマスロダから無断でお借りして候。

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
 
kankisen
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。