スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チョコレイト・ディスコ」 (itachiP版)




11人で、作る動画。



見る専の俺が偉そうに言うのもなんだが(それを言うとこのブログ自体アレだが)
アイマスMADPVで大事なのは 可愛くさせようと苦心するよりも
可愛さをどれだけ切り出せるか、という点に尽きると思う。

そしてこの作品はその点においてものすごく突出してるのは間違いない。
なぜなら11人のアイドルがそれぞれ自分なりのリズムとビートでこの曲を解釈して
それぞれ自分だけの歌い方、踊り方で表現しているからだ。
この曲の中でアイドルたちはどこからも制限を受けていない、
ニコ的に言えばカオスな魅力というのも多分に含まれているのだろう。

この作品は冒頭からハイセンス(ハイソなセンス)に包まれて進行していって、
歌の一番手を担う伊織がその雰囲気をさらに固めている。
(この一番コーラスのメンツは年齢が低めだが伊織が纏めているのだ)
そしてコメディタッチのパートに入るわけだが、ここでは
あからさまに睨み合ったり自分のカメラ画面を広げて陣取り合ったりと
それぞれがこれでもかと我を主張する。
そして二番コーラスのしっとり陣へと律子が曲を渡し、
やがて渦を巻いて濁流となり・・・という流れになっている。

ここで僕が気にしたいのは一番と二番(Aメロ)のメンツについてだ。
順に、一番では 伊織 亜美 やよい 雪歩 律子 春香
二番では 美希 千早 あずさ 真 と繋がれていくのだが、
先の自分の論を順当にあてるなら雪歩律子と真あたりは逆になっていてもおかしくない。
イメージに乗っかるのが全てではないとはいえ、逆らうには動機が必要だ。
こう配置しなければ輝かなかった要素というものがあるはずで、
ロリ達から雪歩に繋がなきゃ出ないニュアンスや、
締めに真を使わなきゃ現れない可愛さが確かに動画の中に秘められている。
(単に作者が真びいきだから というのもあるかも知れないがそんなことはどうでもいい)

この動画は、本当に11人全員の可愛い部分、可愛さを見せる方法論への
確信に満ちていて、誰一人として劣っていない。
『i』や団結が出る前に(投稿時を見ると後だが製作期間を考えれば誤差だろう)
このオールスターっぷりをこれだけの強度で表現できたというのはすごいことだ。(itachiP)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。公開マイリストから辿りついてきました。
この作品は自分も思い入れがあります。2:23からのロゴシーンは特に凄いですよね。イメージをああも具現化出来る(それも極めて解りやすく)なんて…

メンツ考察について色々考えてはみたけど、「なぜ?」と考えるとむっずかしい…

>締めに真を使わなきゃ現れない可愛さが(略)
それはやっぱ「意外性」の成せるワザじゃないかな、と。
真って「もらう」方には困らないけど、誰かに「あげる」というシーンが想定しづらい。
そういったイメージが良いように作用したんじゃないかな、と。

>ロリ達から雪歩に繋がなきゃ出ないニュアンス
ここがずいぶん悩んだんですけど、「やよい」→「雪歩」という繋がり方がポイントかな、と。
一連の流れを見ると、
1:伊織で流れを起こし
2:亜美で流れを増幅させて
3:やよいで流れを整えて
4:雪歩で流れを解き放つ

3が1や2と入れ替わると、ちょっとしんどい気がするんですよね。
あえて入れ替えるという変化球もあるけど、この4人でまとめるなら、順当な配置に見えます。

(2:37)から、懐かしのエレクトロ2の過去画が出てきますけど、ここでのユニット構成って「雪歩」「やよい」「伊織」なんですよね。わざわざあのシーンを採り入れるって事は、それなりの思い入れがある筈。「そういうイメージ」が蓄積されてたのかな。


果してこれが答えになりうるのか、自分でもちょっと不安ですけどw
考えるとこんな感じになりました。

コメントありがとうございます。

自分は勢いで書いちゃうタチなので、そんなに完全に解析して思ったことじゃないんですが
雪歩と真についての部分は、雪歩のほうは
→伊織→亜美→やよい→雪歩→という流れるような繋ぎとしてではなく
→(伊織・亜美・やよい)→雪歩というような塊がぶつかるような繋ぎで
(勿論括弧の中は中でまた独自の流れがあるわけですけど)
ここで一旦雪歩が流れを優しくリセットさせて次のりっちゃんに繋いでくれていると思うんですよ。
それを曲との雰囲気を壊さずに出来るのは雪歩だけというか
そういう役目を負いながらなお可愛く歌う為にはここに配置するしかないと。
そういう気持ちで上のエントリを書きました。
エレ2部分も、そのロリ達と雪歩の親和性を表現する一端にもなってると思います。
(でもこうして書いてみると、考えて言葉に直す段階で違うことを言いたくなってるだけで、
 感想自体は狸さんも自分も同じことを思っているような、そんな感じはします)

真の部分はそうですね、他の女の子たちよりこの動画では一段高い位置に真は立っている気がします。
だからそういうイメージがつき、あの場面で手を振ることができた、という感じです。

こうやって頭をひねるのも作品のためには大事だとは思いますが
あくまで大事なのは、単純にその動画を見てどう感じたか(思ったか、ではなく)だと思います。
それを自分なりの文法で紐解くのがこういう思考というだけで
偉そうに言えば万人に当てはまる答みたいなものも無くていいんじゃないかと。

というかこんな場末の見る専ブログにいきなり長文コメントが寄せられるなんて
予想だにしていなくてかなりキョドりましたw
本当にありがとうございます
プロフィール

マスヲホールド

Author:マスヲホールド
新しく彼女たちと道を歩む婿固め<マスヲホールド>です。
どうか止まらずに進めたらいいな。


画像はマスロダから無断でお借りして候。

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
 
kankisen
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。