スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「         」





首の角度について。




僕は、光を目指す動画が好きだ。
マイリストにはそういう動画が溢れているし、そうじゃない動画は多分見ればすぐに判る。

この動画は光を目指す動画だ。


目指して、目指して目指して届かないこともある。
結果から全てを決めようとしてしまえば人の生きる意味さえ失われるだろう。
この動画の中の伊織は光を目指した。
この動画を作るtlopもまた同じ気持ちで足掻いた。

救いは、救いの余地は、最初から無かったのかもしれない。
都合の良い解釈と嘘を並べて安寧を得ることはきっと
空に身を投げるよりも辛いことなはずだ。
だから伊織も彼も逃げなかった。必然的に紡がれた結果に殉じた。

そういう動画なんじゃないかな、と思う。

伊織の心は泥中の蓮のように美しい。
少なくとも彼にはそう見えていたはずだ。
だからこそこの動画も同じように美しい。

光を求めることと光を得ることの間には大きな断絶がある。
光を得た動画はニコマス上にたくさんある。
その断絶の前に頽れてしまった動画もたくさんある。
そんな動画たちのどれもがこんなにも輝かしく僕の目に映るのは、
等しくその動画たちが皆ただ光を目指していたからだ。
この動画は下を向かない。

悲劇であることも衝撃作であることも関係ない。
この動画は力強い動画だと、僕は思った。



                                     (tlop)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

単純に鬱な現実の一部をとりだしてみんなの好きなアイマスで
こんなひどいこともあるんだよ~と見せてるだけじゃん。
悪趣味なオナニー動画ってやつだな。

No title

コメントありがとうございます。

僕のエスパーな話になってしまいたいへん恐縮ですが、
この動画はそもそも見せるためのモチベーションよりも
tlop自身が伊織と向き合うためにどうしようもなく作られてしまった
ような感じが強いと思っています。

こんなひどいこと で一番ダメージをまともに正面から
食らったのはtlopであることは疑いようも無いことだと思います。
どう考えたってオナニーだし、出来上がった動画は出力の段階で
悪趣味と取られて当然なものになった事もその通りだと思いますが
それでも下劣な趣味によってこの動画が上げられたとは
僕には思えません。

No title

伊織ファンを激怒させる動画をアップして
憤然としているような奴が向き合っているとか笑えるわ。
自分の殻にこもる前に人の気持ちを考えられなきゃ
人としてダメだろ。
おまえが悪趣味動画の作者の心情について
ゴキゲンにブログ書いてるのを見て
ああこいつも同じ下衆野郎かと思ったね。
tloPと同じく人を傷つけているということを知れ。

No title

動画でオナニーできなかったから怒ってるんだとばかり…
多分、自分が一番ゲスな感想書いてると思うので宜しかったら見に来てくださいw

>ア様
作者が憤然としているのかどうか俺には伝わってきていないのでその意見は見当もつかないんですが、笑えるなら笑うのがいいと思います。
侮蔑と嘲りを込めて笑われて然るべき動画でありそんなものを出した作者です。その点に関してはおっしゃる通り人としてダメなんだと俺も思います。

また、そんな動画についての感想を書いた俺がゴキゲンでいるわけがないという事も説明させてもらいたいと思います。
動画を見た時も見た後も動画について思い返している今も基本的にずっと胸くそ悪い心地でいます。
これはあんな攻撃的で破壊力の強い動画を見てしまえばまぁ仕方のない事だと思っています。

そんな前置きをしておいて、なお俺はこの動画を好きだと断言します。こんな動画を作った作者の脳内が好きだとも断言できます。
こう言えば傷付く人間がどれだけいようと断言しますよ。
俺は自分が自分の感想を言った事で他の人が何人傷付いてもいいと思っています。
この記事だけじゃなくて今までの記事でだって人を傷付けた事が無いなんて思っていません。


>wyrdP
はじめまして!コメントありがとうございます。

誰が怒っていると書いたのかちょっとわかんなかったけど、記事読みました。
やっぱりこの動画は多くの人に「印象操作(或いは改革)の為にうpされた動画」だと思われているんだなと改めて感じましたw
多くのミルモやニコマスPがどういう目で伊織を見ていようと彼と彼の伊織の関係は大して変わらないと思っているので、
そういう目論みはたとえあったとしても無意味なんじゃないかとしか僕には思えません。

二次創作としては

映像は色調調整が行われそれなりに力強いですが、内容はまあ二次創作としてはすごく定番のメタ表現そのままでしたね。
SSスピンアウトの劇中劇なので割と安全圏から放出されてますし、本編の伊織シナリオからこの展開が導かれる必然性が皆無で遠いですから、ダメージも普通に考えれば大したことないでしょう。

悲劇であることも衝撃作でも無い、という感想ですね。

No title

もちろん、とても美しい映像だとは思いますが

No title

コメントありがとうございます!

前に別のエントリで話したときにも触れましたが、自分の価値観の上では二次創作という概念は考慮に入っていないので、「二次創作として」平凡であってもあんまり頓着はないんですよ。
SSでのプロデューサーはtlop本人でありそれが劇であるとするならまさしく一連の物語はtlop自身の魂が切り分けられたリアルで、動画をアップロードする行為は彼の伊織のプロデュースであるなら、この動画は彼と彼の伊織が紡ぎだした必然であり安全圏なんてどこにもない世界から放たれたものだと思います。
SSを読めばわかるとおり彼の伊織はトップアイドルという絶対的な目標のためにクレバーに自分の身を切り売りすることを厭わない人間です。その伊織が芸能界の暗部に触れてしまえばこうなることはやはり必然というか自然の流れの上でのことだと僕は思います。
この動画ではSS版とは違い、彼女のプロデューサーがいないという世界のもとで成り立っているという話なのですが、その世界に伊織を放り出したのもまたtlop自身であれば伊織の痛みは全て彼にダイレクトで転送されるだろうし、「伊織を殺したプロデューサー」という十字架はいつまでも彼の背中からは降りないでしょう。
僕はこの動画を安全圏からのものだとでもダメージの少ないものだとでもびた一文思えません。

さらに言えば(いただいたコメント全部を真っ向から否定するみたいで少し心苦しくもあるのですが)僕がこの動画を美しいものだと思ったのは映像的な意匠でもなんでもなくて彼が伊織を殺したこと、それを動画にしてアップロードしたこと(つまりその行為を結果として確定させたこと)であって、そうまでして描かねばならなかったことが美しいなと思ったわけです。

人が利に縋る姿は醜く、心に殉じる姿が美しいと僕は感じます。
この動画がうpされて得をした人間はいないでしょう。架空tail版では残っていたらしいエンターテイメント性も単品版では消えて失せました。
それでもこの動画が世に出されたのは、血だらけになり血だらけの十字架を背負おうが彼は彼の心に殉じようとしたからだと信じています。
こんなに美しいことなんてないなと本気で思います。

長文返信(しかもその6割ぐらいは自分語り)うざかったらごめんなさい。

No title

マスヲホールドさんが美しいと思ったと語っている内容は、そりゃあそうでしょう。それが何故「いただいたコメント全部を真っ向から否定する」とお考えになれるのかよく分かりません。私はマスヲホールドさんの感想に同意しているわけでも何でもないですよね。そこらへんは他人と会話してるんですから、区別をつけられた方がよろしいのでは。

得をしたのは、tloPでしょう。もちろん、tloPが得をしたくてやったとか、そういう風には全く思いませんが、必然的な結果としては。

No title

なお、一次創作的に見れば、メタだけ丸投げというのは余程のことがない限りはろくに成立すらしませんので、前提として二次創作は必然となりますね。マスヲホールドさんが、考慮に入れようが入れまいが、そこはどうでもいいです。

「tlop自身の魂が切り分けられたリアル」とかそういうのは、一次創作か二次創作かとは関係ない話であるばかりか、大袈裟なだけで何も語れていないに等しい表現ですね。創作アウトプット全てにおいて、「魂が切り分けられたリアル」かを判断する基準などありはしませんから、結果がありきたりでベタへの落とし込みすらないメタならば、これは作品単体を切りだして評価するならば、私は、ありきたりと評価するしかありません。

No title

>黒胡麻煎餅さま
それは物語の否定、ですね。
作られた物だからとして存在丸ごと否定するのと同じかもです。
例えば私たちが物語の登場人物だとして、それが私たちに何か関係あるのか。メタだろうが二次創作だろうがどうでもいいというのはそういう事でしょう。

某映画のクライマックスの台詞ではないですが、
「では、もしこの水瀬伊織というアイドルが実在の人物だとしたら?」
いかがでしょう陪審員さん。
プロフィール

マスヲホールド

Author:マスヲホールド
新しく彼女たちと道を歩む婿固め<マスヲホールド>です。
どうか止まらずに進めたらいいな。


画像はマスロダから無断でお借りして候。

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
 
kankisen
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。