スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グラフティー」





彼と彼女の距離について。



P(プロデューサー/プレイヤー)とアイドル(キャラクター)の距離について、
僕は最近になってやっとその多様性を実感できるようになった。
どうやらモニタの中にいるPと外にいるP、ぐらいのカテゴライズでは
表しきれないほどの広がりがある領域のようだ。

画面の中に入れない絶望と諦念を、その感情をそのまま動画にしてしまったPがいた
あくまで0と1の配列でしかない彼女たちの、その構図自体を慈しむ動画を作ったPがいた
彼女への想いがゆえに彼女と離れる様を、リアルな肉声を以って伝えたPがいた

アイマスMADの醍醐味は、いろいろなPの視点を共有できることだと思う。
描かれる立場のアイドルと描く立場のPの両面があってはじめて
動画が立体的な深みを持ち、その中に視聴者が分け入れるようになる。
彼から見た彼女はこんな姿をしているのかと、今まで何度胸を締め付けられたかわからない。

エコノミーPの動画から見える雪歩は、すごくリアルに日常を生きている。
そして決してPと同じ世界には存在していなくて、
写真やサイドミラーなどの窓を通してやっと睦みあえるような、そんな関係に思えた。
手を伸べて届くような距離ではない。目に焼き付けるしかない。
そんな雪歩の姿だ。
満たされない衝動が、彼女を際限なく愛おしく見せる。
Pの現在地点をフレームに収めていることがキモなんだろうと思う。

僕がこのPの動画を面白いと思うのは、距離を強調するベクトルは多くの場合
対象であるアイドルを薄める方向に向かうのに、
逆に雪歩の実在を強く主張しているところだ。
特に2:58-の画面は、画面の断絶の先の雪歩をこれでもかと鮮明に描き出している。
彼女はそちら側に確かに存在してる。けれど彼女にしてやれることは殆どない。
この映像を見ているとそんな感情が湧きあがる。

「同じ月」の時にも思ったのだが、この人はステージの上と下の両方を同時に描けるPだ。
両方を真正面から取り組むからこそ彼の雪歩は彼の雪歩になるんだろうな。
他のPには絶対に作れない視点と距離感の動画が、僕は大好きなんだ。

                                              (エコノミーP)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 こんにちは。
 私もエコノミーPと雪歩の距離感が大好きです。「同じ月」でも、直接プロデューサーが何かしたかって、ただ彼は見守るだけで、雪歩は自分で立ち直ったに等しい。でも、雪歩を「そういうキャラクター」として創造しているのは、他ならぬ作者なわけで。雪歩が理想でPが現実ならば、その両方にしっかり向き合ってるというか。

 言葉ではうまく言えません(^^;)。言い難いところを言ってしまってる婿固めさんは流石だと思います。ではでは。

この記事のそもそもの動機が「右手に想い出 優しい想い出/想像を超えたグラフティー」の歌詞が
画面に入る以外の繋がる方法の1つの答としてこの動画では叫んでるんじゃないか、と思って書いていたはずなのに
そこら辺の記述が一つもないことに今日気づいたぐらいが僕の文章能力ですこんにちは。
コメントありがとうございます。大体の感想は言葉になんて一向になりません。

このPのPV動画はだいたいそうなんだけど、傍観する自分の視点がすごい強度を持ってるんだと思ってます。
そのせいで動画を視聴するときに完全にエコノミーP視点に立てるんだなぁと。
だから「同じ月」も、雪歩が立ち直る事自体よりもそこでステージに立つ姿の可愛さを作者と視聴者が存分にシンクロして愛でられるところがキモだと思っています。
zeltさんの言うような側面もそれを固める要因にもなっているんだろうなと、今感じました。

 ブログのほうでははじめまして。エコノミーPです。
 紹介していただいたので、浮かれてやってきましたw

 距離感というのは、マスヲさんのおっしゃるとおり、自分自身明確に意識はしたことはなかったけれど、所詮ゲームっていう気持ちと、でも次元の壁を超えたいという気持ちの狭間にあると思います。
 これから僕がどちらに転ぶか、それともやっぱりずっとこのままなのかは、わかりませんが(というか何故だだ漏れなんだろう(汗))
 同じ月の時はPがちょっとでしゃばったけど、あんまり表に出すのは避けたいかなぁと。
 野郎を見るよりは可愛いアイドルみたいじゃないですか(ぉ
 もちろん、そういう作品も好きですけどねw

 ステージの上と下って考え方も、なんでばれているんだろうと不思議です。
 作るときに明示はしなくても、勝手に心の中で、ここはON、ここはOFFって明確に意識して作ってます。
 今ここにいるのは、アイドルとしての彼女なのか、そうでない彼女なのか。
 拙作の私服率が高いのもその辺の影響なのかなぁとこっそり思ってます。
 なんだか自分のブログより、マジメに喋ってるぞ……

 とりとめのない話になってしまいましたが、何がいいたかというと、『お前は俺か』ですね。
 どんだけ見抜いてるんですか…^^
 

エコノミーPの一番の傑作は寿司ソロですよね!(挨拶)
コメントありがとうございます。

「同じ~」との表現の差が出た一番の要因は七夕のアレかなぁと思ってます。
抜きナシでOFF的な画面を作ろうとすると、使えそうな素材が少なくて
ああいう直接的で文章的な構成のほうが座りよかったんじゃないかというエスパーで。

僕は動画を見て感じ取ったことを記事に書いたのに過ぎないので
それが的確に当たっていたのなら、エコノミーPの思う雪歩の像が
完全に動画の中に封入されたことの証明になると思います。
それは多分すごく誇っていい事なんじゃないかなと。

多分次元の壁は超えられなくてこれからも足掻くんだろうなぁと思いながら
これからもきっとすごい動画を作ってくれるんだろうなと信じて待ってます。

こんな動画を作ってくれて、本当にありがとう。
プロフィール

マスヲホールド

Author:マスヲホールド
新しく彼女たちと道を歩む婿固め<マスヲホールド>です。
どうか止まらずに進めたらいいな。


画像はマスロダから無断でお借りして候。

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
 
kankisen
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。