スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「All is Full of Love」





手を伸ばす。



イベント 『じっくり語り語られてみよう』に参加し,作品について語っています。
作品に対するネガティブな表記を含む部分もありますが、
イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください。
この作品の語り記事一覧 → 『No.07: All is Full of Love(ビョーク) はるちは
企画人のRDG氏、ネガコメ上等で参加してくれた動画作者の皆様、語り手の皆様
この企画に関わる全ての人に感謝しつつ。
このような「場」を作り上げていただき、ありがとうございます。


動画としての構図をについて。
この曲は千早のために歌う曲だから、歌い手は勿論千早ではない。
かといって春香が歌っているわけでもないと思う。
春香は世界中にあまねく愛の具現化した姿であって主体的な要因ではない。
この歌はつまり動画作者から(プロデューサーから、ですらない)千早に届けられる歌だ。
僕はそう思った。
この動画の装飾を、外側から一つずつ分解して剥がしていけば
最後に残り暴かれる本質はきっと人形遊びに近い感情だろうと思う。
千早にHMDを取り付け、手を伸べさせて他者と触れ合わせる。
人形遊びという言葉を選んだのは、
そこに千早自身の心のうちから湧き出るはずの、手を伸ばす動機が欠けているからだ。
(あるいは僕がその部分を見出すことが出来なかったからだ)
作者の神の手の介入無しにそこに辿り着くための納得をどうしても見つけられなかった。

映像と波について。
まず思ったのが、この動画のもっとも感動すべき地点は、2:27のHMDが取れる場面ではなく
その前の、千早が手を伸ばし始める2:12の場面だということだ。
ここの映像は本当にすごい。
HMDは仮面としてでもメカニカルなパーツとしてでもなく、「目隠し」として機能している。
つまりここでの千早は視覚を持っていない人間であって、無明の闇に手を伸ばしているんだ。
完全無防備で弱弱しいその手が、愛に溢れる世界との接続の第一歩となる。
こういう感情にビョークの世界観はよく親和してくれる。
思考さえもが未分化で、外部刺激の洗練をうけていないただの「うごめき」が、
言葉に直らないような意思を湛えて腕を持ち上げるという動作に発展した
その感動はいかばかりか。
そして目を開いて混濁の世界から光溢れる世界に踏み出したその感動はいかばかりか。
この動画はそんな大質量の奔流をミクロからマクロまで描ききった大作だ。
                                                (P名不詳)



○ この作品の印象を決めていると感じられた部分。
月並みですがやはり春香と千早の腕に尽きると思います。
邂逅と接続を動画の骨子とするならば絶対に外せない要因で、
すごく緻密な変化が連綿と4分弱の間きれいに持続していくのは
単純なクオリティとしてものすごい事だと思いました。


○ この作品を見て「これを思い出した」という物。
前にニコで見たビョークのPVがこんな雰囲気だったなぁ、と思ったら
見返して(というかニコの関連動画にそのまま載ってて)まさにこの曲でびっくりという。
PVを見たときは歌詞も和訳もなくて、ただの映像だけを観ていたわけだけど
やはりそこに込められたものは同じ根を持っているんだなぁとしみじみ思いました。

それともう一つ、冒頭のProject im@s MADのカットやその次のカットは
文字の出し方や浮遊感がりんごPのこれ↓を髣髴とさせる感じでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めましてー

 DikePの感想返しで名前出てましたね。さすがです。
 このblogはニコマスのような流れの速い世界において、流されずに自分のペースを貫いていて、凄いなといつも思ってます。これからも自分の速度で頑張ってください。

はじめまして、いつも超贔屓に見ています。
DikePのところで名前を見たときは嬉しさでニヤニヤしっぱなしでしたw
そしてこんな更新速度の遅いところよりもちゃんと付いていけている人たちの方が遥かに立派だと真剣に思います。

あと全然関係ないけどそちらのブログの今日(6/9)の記事の余談にはもうすごく同意です。
そこの輝きに少しでも目を集めたい、というのはブログを更新する原動力としてかなり大きなウェートを占めてるのは間違いないですね。
プロフィール

マスヲホールド

Author:マスヲホールド
新しく彼女たちと道を歩む婿固め<マスヲホールド>です。
どうか止まらずに進めたらいいな。


画像はマスロダから無断でお借りして候。

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
 
kankisen
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。