スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VRF10出演者紹介文。しょじょんPについて。

VRF10では僕のふがいなさによりページに穴をあけてしまったので、ここに文章を載せます。
あえて文章量や文体をVRFページと同じくらいにしてみました。
(つってもそんなに統一された文体ではなかったですけど)
続きを読む、で見てね。





 しょじょんPの動画は、大小さまざまな「溜め」を変幻自在に操る。伝説の処女作(sm5602028
では、オールスターステージの中で彼女たち一人ひとりがカットごとに自分の見せ場を確保
"してから"ダンスやポーズをキメる。動画シンクロの中に微妙なタイムラグがあるのだ。
まるで歌舞伎の見得のように、その瞬間を注目させているように僕には見えた。
僕の大好きな動画はSuch Great Heights(sm13070007)とサヨナラリヴァイバル(sm8157540)なのだが、
両者に共通するのは「分離」と「不在」の概念だ。前者のほうではゆっくりと降下し続ける宇宙服の真から
ダンスの真が分離している感覚がある。錆臭く薄暗いステージで、割れたレンズのカメラの前で踊る真は
どこか現実離れしていて、まるでこの場に居ないような印象すら覚える。
後者の動画で一番僕の心に残ったのは、ラストで雪歩が消えてしまう部分だ。音楽はまだ鳴り続いている
というのに彼女は消えてしまう。残るのはモニタに映る雪歩たちだけだ(ディスプレイ雪歩sとの分離)。
しょじょんPは、そんなダイナミックさとセンシティブさの双方がどちらも他方を殺さずに共存するPだ。(婿固め)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マスヲホールド

Author:マスヲホールド
新しく彼女たちと道を歩む婿固め<マスヲホールド>です。
どうか止まらずに進めたらいいな。


画像はマスロダから無断でお借りして候。

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
 
kankisen
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。