スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「The Smile of You」






千早について。




千早は、765プロの誰よりも重い。
彼女のいろいろな設定が、彼女を歌に縛り付けていた。
いつも張り詰めていた。だから脆かった。だから弱かった。
居場所を、見つけられなかった。

その後に訪れる転機については、ここで語ることでもないが
要はこの作品はそういう背景をきっちり引き受けているんだ。
その上で、この千早は
どこまでも軽く、自由に、気負わず、気丈に、力強く、確たる位置から歌い上げている。
以前の自分を置き去りにもせず、後悔もせず、ありのままを包んでいる。
かつての暗黒時代が千早に唯一与えた、歌の中の世界に入る鍵は
世界が開けたあとも千早の許からは離れなかった。
765プロの女の子の音楽へのアプローチはまさに十人十色だが
千早のような、歌に溶けていくような世界感は彼女の独壇場だ。
ドラマCDか何かで言われていた、「歌と仲良し」という形容が本当に良く当てはまる。

という素晴らしいコンセプトが作者の頭の中にあったとして、
それを動画の上に過不足なく表現できなければ意味が無い。
なにより感動的なのは、この千早の一挙手一投足からそれらの感情が溢れている事だ。
表情からダンスから、ものすごい主張が絶え間なく垂れ流されている。

溢れているだとか垂れ流されているだとかいう言葉を使ったが、
実はこの作品は上で解釈したようなことを特に能動的には押し出していないのである。
ただ圧倒的に”そこに存在している”というだけの事実を切り取ってあるだけだ。
だからこの千早はこんなにも大きく、こんなにも優しく見えるのだろうと、そう思った。
(みそP)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マスヲホールド

Author:マスヲホールド
新しく彼女たちと道を歩む婿固め<マスヲホールド>です。
どうか止まらずに進めたらいいな。


画像はマスロダから無断でお借りして候。

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
 
kankisen
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。