スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VRF10出演者紹介文。しょじょんPについて。

VRF10では僕のふがいなさによりページに穴をあけてしまったので、ここに文章を載せます。
あえて文章量や文体をVRFページと同じくらいにしてみました。
(つってもそんなに統一された文体ではなかったですけど)
続きを読む、で見てね。





続きを読む

スポンサーサイト

『@ClubNights』 (忘れたりなんか、しませんよ。)

1024Miki.jpg





というものが12/4に開催されるそうです。
概要は他のブロガーさんも書いているんですが、大まかに言えば
「どこかの小規模なお店でアイドルがライブをやる」
というイメージの公式曲Remixが投稿され、
それを飲み物片手に楽しめるような空間をつくる感じだと捉えています。

その一環として、ブロガーズの協力でポスターを掲示したり
先行で音源を聞いてレビューしたりして宣伝していこうというものがあり、
今回はその記事となります。


先行で聴かせてもらった音源は10分33秒のメドレー形式で、
出演アイドルは春香、美希、伊織、雪歩、あずさ。
順に、「太陽のジェラシー」「I want」「いっぱいいっぱい」
「9:02pm」「Kosmos, Cosmos」の楽曲のRemixが
微妙にカットされたりされなかったりで収録されている。
音源のラストには千早の「Colorful Days」のイントロが聴こえ、
12月4日の本番ではもっと長い動画が投稿されるだろう。
他に、配布されたポスターには律子もいる。
彼女の歌の音源は今回まだ聞けていないが、この計7人で
@Club Nightsは開催される。

今回の企画の重要な点は、
企画の全容がまるで明らかになっていないところだ。
何人のチームで運営されているか(1人なのか複数なのか)すら、
また本番での公開形式も未だ秘められている。
視聴者の向かい合う方向はステージでもプロデューサーでもないのだ。
そういう前提があるねと、ブロガーたちの集まるチャットでも話された。

でもこの動画を聴く僕らは彼女たちを知っているわけで。
意識の端に置いていてもはっきりと輪郭が見えてしまう。
その感覚について、僕が感じたのは安心だった。

ここに流れているのは、僕らがよく親しんだあの曲たちだ。
彼女たちから目線を切ってもまるで不安が無いんだ。

春香の太ジェラから美希の I want に繋がるシチュエーションはすごい緊張感だ。
そして綱渡りのように危ういリズムとメロディと伴奏で歌いきる美希がここにいる。
「いっぱいいっぱい」で伊織がMAXでカワイイ声を出している。
その心の中もプロデューサーズは知っているはずだ。
満を持したようなイントロに導かれて雪歩の9:02pmがそっと始まる。
あずささんのKosmos, Cosmosは逆に歌がイントロを導く。

そのどれもが、頭の片隅を流れ過ぎてゆく。

意識はしなくてもいいんだ。
だって彼女たちのことは俺たちはよく知ってる。
心の端っこで聴いてみようよ。
きっと背中に手を置いてくれるから。そういう感覚が溢れてくるから。

今日、この日は、彼女たちは遠く、そして空間ごと包んでくれている。
一人きりでいいからここに居よう。
何にもしなくてもいいよ。なんにも考えなくていい。
好きな気持ちだけ、持ってきてください。

                          あと飲み物と。






夢の節目が見えた地点。

 






PROJECT IM@S 2nd VISION についての祝辞の愛の歌。








続きを読む

「ふともも先進国スリスリしたい」





遊びについて。




続きを読む

「Fix You」




続きを読む

「セラミックガール」 半PV




イベント 『じっくり語り語られてみよう』 に参加し,作品について語っています.
作品へのネガティブな表記・ネタばれを含む場合がありますが,
イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください.
他の方の語り記事一覧 → 『No.21: 「セラミックガール」 半PV

続きを読む

『風上に切り上がって』




ヨルPの春香さんについて、
と超シンクロ主義<シュールシンクロニズム>について。




続きを読む

「All is Full of Love」





手を伸ばす。



イベント 『じっくり語り語られてみよう』に参加し,作品について語っています。
作品に対するネガティブな表記を含む部分もありますが、
イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください。
この作品の語り記事一覧 → 『No.07: All is Full of Love(ビョーク) はるちは
企画人のRDG氏、ネガコメ上等で参加してくれた動画作者の皆様、語り手の皆様
この企画に関わる全ての人に感謝しつつ。
このような「場」を作り上げていただき、ありがとうございます。


続きを読む

とりあえずてst






↑この動画の感想はもっとブログの書き方に慣れてからにしようと思う

テンプレート

見る専祭が継続的にいろいろとやれることを、
(そしてたまには自身も参加することを)心より楽しみにしています。

なにか祭の匂いを感じたらこことかここをチェックなんだぜ!

このブログの開設のきっかけになってくれた発起人様に改めて感謝です。
おつかれさまでした。

無題

KillerTune01.jpg

KillerTune02.jpg

KillerTune03.jpg








プロフィール

マスヲホールド

Author:マスヲホールド
新しく彼女たちと道を歩む婿固め<マスヲホールド>です。
どうか止まらずに進めたらいいな。


画像はマスロダから無断でお借りして候。

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
 
kankisen
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。